WindowsプログラマのWebアプリへの挑戦日記。あとパンとか。

ユニットテストの実践: CppUnitの導入(インストール編)

4月 25th, 2008 Posted in C++, CppUnitの導入

恥ずかしながら今までユニットテストツールを使ったことがなかったんですが、soraさんおすすめの、アジャイルプラクティス 達人プログラマに学ぶ現場開発者の習慣を読んだら、いても立ってもいられなくなり、会社の環境にCppUnitを導入しました。

CppUnitとは、C++のユニットテストを自動化してくれるステキなツールです。

導入編

導入に関しては、それほど難しくないです。ボクが今回入れた環境は、Visual C++ 6.0です。手順としては以下の通り。

CppUnitをダウンロード。実は去年の夏くらいにダウンロードしてましたが、当時は導入をあきらめてました。今回はこのときにダウンロードしたCppUnitを使いました。(cppunit-1.12.0.tar.gz)

ダウンロードしたファイルを解凍します。解凍先を\CppUnit\とします。

次のプロジェクトをVC6で開いてビルドします。

  1. \CppUnit\examples\msvc6\CppUnitTestApp\CppUnitTestApp.dsp

\CppUnit\lib以下にいろいろなDLLやらLIBやらが作成されます。ちなみにCppUnitTestAppはCppUnit自体のユニットテストです。実行するとGUIが表示されるのでいろいろいじってみましょう。

VCのメニュー[ツール]-[オプション]からオプションダイアログを開き、[ディレクトリ]タブの表示するディレクトリ[インクルードファイル]に

  1. \CppUnit\include

を、表示するディレクトリ[ライブラリファイル]に、

  1. \CppUnit\lib

を追加します。ここに設定したディレクトリはすべてのプロジェクトに適応されます。プロジェクトごとに設定したい場合は[プロジェクトの設定]ダイアログでやってください。また、次のファイルを\windows\system32の中へコピーしてください。

  1. testrunnerd.dll
  2. testrunner.dll

次回は実践編です。

【関連エントリ】
ユニットテストの実践: CppUnitの導入(実装編)

こちらもオススメ!

Trackback URL

  1. 3 Responses to “ユニットテストの実践: CppUnitの導入(インストール編)”

  2. By sora on 4月 27, 2008

    やっぱし、いてもたってもいられなくなりましたか!!
    つか、巻末に「あとはあなた次第」みたいなのが
    書かれてますもんね。

    で、「オレも!」と思ってちょこちょこ調べたら、
    mac の xcode には最初から入ってたり、でも、
    それ cocoa 用ぢゃね、とかね。

    c++ でしたいんよ。とか思いつつ、結局そのままっス。

    だから、というかなんというか続き楽しみにしてます!!

    ps:
     そいや、5月1日、2日は鹿児島出張が入りました。

  3. By ヨスケ on 4月 30, 2008

    あの本はいいすね、マジで。
    他のメンバーにも勧めてみるつもり。
    受け入れられるかわかりませんが。

    あの本を読んだら「なんかせんばいかん!」って
    絶対なりますよね。
    完璧に実践できてる人じゃない限り。

    5月1日の件了解です。

  4. By sora on 5月 1, 2008

    はい。
    この本のおかげで調子こいて、
    リリースビルドの自動化とか作ったら
    微妙に感謝されたりとか。

    布教がんばってください!!

Post a Comment